【実話、解決策あり】新卒入社半年で会社を辞めたい人へ

Uncategorized

先日、24歳の男が新卒で入社した会社を、1年半で退職した理由を記事にしましたが

僕の周囲の友人でも、新卒入社半年で辞めた人・辞めたい人がたくさんいます。

 

厚生労働省のHPから大学を卒業した、新卒入社の退職割合をざっくり見てみると

・1年目に11.6%

・2年目に11.4%

・3年目に9.9%

 

のように新卒入社の約30%が3年以内に退職しているデータがあります。

(参照:https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553_00003.html)

 

 

 

新卒で入社した会社を1年目に退職した人の割合が一番多いということは、

入社から半年程度で辞めたいと考えている人が結構な割合でいると想像できます。

 

 

僕自身も、新卒入社半年で1カ月休んで、その1年後に退職しましたので、その気持ちは本当にわかります。

 

辞めたい理由は人それぞれですが、新卒入社半年で会社を辞めたい人全員に共通する解決策をまとめましたので、会社を辞めたいと悩んでいる方は是非ご覧ください

 

 

辞めたかったら辞めてOK

結論、新卒入社半年でも辞めたかったら辞めて全然OKです。

 

 

終身雇用が当然で、1つの会社に忠誠を誓う働き方に固執する必要は一切ありません。

 

ですが、時代は変わっているのに、考えは変わっていないのが今の社会なので、新卒入社から半年で辞めると

「社会を舐めるな」 「甘すぎる」

「根性がない」

と批判されるのも間違いないです。

 

 

ただ、批判してくれる人は、自分の事を考えて厳しい発言をしてくれます。

その想いには絶対に感謝はすべきです。が、感謝はしつつも実際に行動している人の意見に耳を傾けましょう。

 

1つの会社で働いてる人よりも、自分と同じ境遇で辞めた人、行動している人の方が参考になり、視野は広がるからです。

 

なので、辞めて自分を貫き行動している人の意見をまずは聞くべきです。

 

そういう方の意見を実際に聞くことで、

・もう少し今の会社で働き続けた方がいい

・別の環境で努力した方が良い

・会社を辞めて別のことにチャレンジしよう

 

と自分のすべきことが少なからず、以前よりは明確になります。

 

 

なので、自分と同じタイミングで会社を辞め行動している人の意見を聞いたうえで、自分の考えを整理しましょう。

 

 

 

実際に僕の周りにいる、入社半年ほどで辞めた人の話を聞くと、

 

友人A
友人A
辞めたのは時期早々だった

 

 

友人B
友人B
もっとやれることはあったのに辞めて後悔している。。

 

 

 

 

と辞めずに続けた方が良かったと、思っている人もいます。

 

この記事を読んでいる人が

「会社を辞めずに続けて良かった!」 or 「辞めて良かった!」と思えるように、是非、続きを読んで後悔のないように参考にして頂きたいです。

 

※僕の場合は新卒入社から半年で辞めたい気持ちが強すぎましたが、あと半年以上続けてやりたいことがあれば速攻で辞めようと決意し、実際に入社1年半で退職しました。

 

 

自分の軸、身近な目標を定める

自分の軸を定めれば会社を辞めた方が良いのか、続けるべきかはっきりわかります。

 

辞めてチャレンジしたいことがあり、自分の軸がはっきりあるなら辞めてよかったと思って行動できるからです。

 

自分の軸がなくても、どうしても今の仕事を辞めたい場合は、

身近な目標を達成したら辞める、と

設定するのも立派な方法です。

 

具体的には、

・何か成果を出すまで今の仕事を辞めない

・ある程度仕事ができるようになってから、辞めるか考える

・貯金○○○万円貯めてから会社を辞める

・次の転職先を決めてから辞める

・副業で稼いでから辞める

 

のように、何か自分なりの軸・目標を定めてみれば、今より頑張れるのは間違いありません。

 

自分で決めた上記のような軸・目標を達成したうえで、新卒入社半年ほどでも会社を辞めたいのであれば、辞めても自分から行動できるポテンシャルを持っている証拠ですので、全然問題ないでしょう。

 

 

 

辞める前に行動しまくる

自分の軸・目標を定めて達成した後、もしくは軸と目標がわからないままで会社を辞めたいと悩んでいる人は、とりあえず辞めた方が良いのかどうか自分で納得できるまで、行動しまくってください。

 

前述の、

自分と同じタイミングで会社を辞め行動している人の意見を聞くこと

も立派な行動の1つです。

 

 

他に具体例を言うと

 

・少し休んでみる

・辞めたいと思っている今の会社で更に頑張る

・転職エージェントに相談

・職場の信頼できる人に相談

・職場以外の人との交流

・何か副業してみる

 

 

上記を全部やってみたら、何もやらない前よりやりたいこと、自分の向き不向き、やりたいことが少しずつ明確になるはずです。(僕は全部やりました。。。)

 

 

 

全部やったうえで個人的におすすめするのは、転職エージェントの活用です。

 

 

転職エージェントは、今の会社を辞めたい理由と自分に合う会社を一緒に考え、別の努力できる環境を探してくれます。

 

辞める理由が浅はかで時期早々だったり、他に合う会社がなかった場合は今の会社が現状、合っているということなので、それが理解できただけでも何も行動しない時より、大きな一歩を踏み出せたはずです。

 

 

 

ちなみに、世間での「とりあえず3年働くべき論」は間違ってはいませんが、とりあえず全員に強要するような文化も間違っているのでその固定観念に従う必要は一切ありません。

 

 

「とりあえず3年働くべき論」に従わず、会社を辞めた方が良いのか、まずは行動しまくって自分の目で見極めましょう。

 

 

 

最後に

色々と書き連ねましたが、

辞めたかったら辞めてOKです。

 

万が一、辞めて後悔したとしても同じ過ちを次に繰り返さなかったらいいだけですので、次に生かしましょう。

 

 

繰り返しになりますが、新卒入社半年という最初で最後のタイミングで会社を辞めたいと考えている人は序盤で示したように、本当に多いです。

 

どんな結末になっても、この記事を読んでいる人が行動しまくって、後悔のないように自分の人生を生きていければと思っています。

 

参照

行動力が誰でも化け物になる方法4選

行動できない人の特徴3選

 

 

以上、「【実話、解決策あり】新卒入社半年で会社を辞めたい人へ」でした。