【実話あり】スムーズな会社の辞め方、手順を紹介

Uncategorized

 

 

先日、【実話、解決策あり】新卒入社半年で会社を辞めたい人へを記事にしましたが

辞めることを決意した人向けに、スムーズな仕事の辞め方、手順を紹介します。

 

 

会社を辞めることを決意しても、

 

「具体的に何をすべきかはっきりわかる!」

と知っている方はあまりいませんよね。

 

 

僕自身、以下の全てを行ったことで会社を円満に辞めて、辞めた後も前の会社の人たちとも連絡を取ることができていますので、その実体験からスムーズな会社の辞め方、手順をまとめました。

 

円満に会社を辞めて、前職の方と良好な人間関係を築きたい人は是非参考にご覧ください

 

参照:24歳の男が新卒で入社した会社を、1年半で退職した理由

 

 

手順① 辞める時期を1~2か月後にして上司に伝える

会社の就業規則によって異なりますので、最短で辞めれるタイミングがいつなのかは人事に聞くのが一番手っ取り早いです。

 

どんな理由であれ、辞めると決意したからには、まず自分の所属している部署の役職が高い方から伝えましょう。

 

大体は、役職の高い権限者が辞めるための事務的な方法を指示してくれます。

 

※会社を辞める時の伝え方については

【実話あり】シャイな僕が会社を辞めた時の言い方、切り出し方を解説

を参照ください。

 

 

その際、

辞める時期は早くても1か月後、余裕を持って2か月後と設定して上司に伝えるべきです。

 

自分の代わりはいくらでもいるとはいえ、後任者に迷惑をかけないよう余裕を持って引継ぎを行うためです。

 

上司からしても、人数が減って組織編成を考えることから、1カ月以内に辞めることを言われても困りますよね。

 

 

お互いのことを考えて、辞める時期を1~2か月後に設定し、まずは自分の部署の偉い方に伝えに行きましょう。

 

 

手順② 辞めると決めたら即挨拶

会社を辞めることが決まれば、即、周囲の人に報告しましょう。

 

この「」が超大事です。

 

周囲の人に辞める意思を伝えに行くと

 

先輩社員
先輩社員
いつ辞めようと決めたの?

と聞かれることが多いです。

 

 

その時に、

「昨日、部長と話して決意しました。」と伝えると

 

すると先輩社員は、辞めることにネガティブな印象を持ちつつも、

決まったことをすぐ自分に報告してくれて嬉しいと純粋に感じます。

 

 

恋愛で、自分を特別扱いしてくれる人に惚れやすいのと同じメカニズムですね(スルーしてください。。。)

 

いずれ、退職することを言わないといけないのなら、早めに言った方が楽という自分自身のためにもなりますし、即、挨拶された人もわざわざ報告してくれたことを喜んでくれます。

 

僕自身の話、周囲の人には直接報告し、他部署や、都合が合わず直接会えない方には電話で連絡していました。

辞めること自体はさておき、

 

 

上司
上司
わざわざ直接報告してくれてありがとう。

 

 

 

同期
同期
すぐ伝えてくれてありがとうな!

と全員、感謝の気持ちを伝えてくれたので、それが嬉しくて更に多くの人にも報告していました。

(本当に僕は周囲の人に恵まれました)

 

 

 

即挨拶、やらない方が圧倒的にもったいないです。

 

手順③ 引継ぎを漏れなく行う

周囲の人に辞めることを報告した後は、仕事面で引継ぎがあります。

 

自分がいなくなる分は、誰かが仕事を引き受け負担が増えるので、引継ぎは責任を持って漏れなく行いましょう。

 

前述の辞めることを即報告したとしても、ちゃんと引継ぎができなくて行動に伴っていない人は少しみっともないですよね。。

 

 

 

万が一辞めてから、大事な仕事や案件が引き継げてなかったら、職場にも迷惑がかかりますし、そんな中途半端なことをすると、今後も同じことを繰り返して周囲に迷惑をかける人間になります。

 

 

 

完全に全てを引継ぐことも難しいので、大事な仕事や案件は漏れなく後任に伝え、

できる限り、後任がスムーズに仕事できるようにも引継ぎを行いましょう。

 

 

自分のお尻を自分で拭くことは大事です。

 

 

手順④ 菓子折りを用意

挨拶の定番ですが、最後の出社日には菓子折りを用意しましょう。

 

 

今までお世話になった人には挨拶と同時に

感謝の気持ちを行動やモノで示すのに菓子折りは効果抜群です。

 

菓子折りのド定番ですが、

・日持ちする

・1つ1つが袋に入っている

・アレルギーがある人を想定して、ピーナッツ系は買わない

 

のが無難です。

 

例)一般ウケ抜群の菓子折り


ヨックモック YOKUMOKU シガール (30本入り)

 


アンリ・シャルパンティエ フィナンシェ 16コ入り

 

 

 

 

最後の出社日に、僕は持参し

自分の部署の分と、同じフロアにいる100人近くの分も全て用意しました。(合計2万円程)

 

※僕は少し奮発し過ぎましたが、最低限、自分の部署の分だけでも必須です。

 

 

感謝の気持ちを行動やモノで示すのに菓子折りは用意しておきましょう。

 

 

 

最後に

 

以上、手順①~④を行えれば悔いなく、スムーズに仕事を辞めることももちろんのこと、

会社を去るまで、円満にお互いが気持ちよく過ごせるようにも役に立ちます。

 

 

思ったより、やることが多いなと感じている方もいるかもしれませんが、常に自分の周りには多くの方がいて支えてもらっているので、その方たちと別れを告げるのなら、このくらいはしておきましょう。

 

 

 

 

以上、「【実話あり】スムーズな会社の辞め方、手順を紹介」でした。