【実話あり】大学で部活を辞めたい人へ

Uncategorized

大学での部活動。

 

大学にも入学して部活動をする意味があるのか、これ以上続ける意味があるのか、

貴重な大学生活を部活動に捧ぎながら、辞めたい人は当時の僕と同じく絶対に存在します。

 

僕は中学生から体育会の部活動励んでいましたが、大学2年生の終盤に退部しました。

8年間、夢中になれたので後悔は一切ありません。

 

そんな僕が、大学で部活を辞めたい人へ持論を述べていきます。

 

 

 

辞めたいのなら辞めてOK

結論、辞めたいのなら辞めてOKです。

 

全然問題ありません。

 

大学生活の4年間は、今後の人生を左右する大事な時間です。

 

そんな大事な時間に、部活を辞めたいと考えているなら、その中途半端な状況で部活を続けていることの方がもったいないです。

 

 

練習がきつい、人間関係が嫌、顧問との相性が悪い、遊びたいなど大学で辞めたい要素はキリがないほどあります。

 

 

 

ただ、体育会系は上を目指す場所。

 

勝負の世界で勝ちに行くのに、練習量やチームメイトと顧問との人間関係悪化で辞めたいと考えるなら、体育会系の部活動で結果を残すことは向いていないです。

 

その程度の覚悟なら辞めた方が良いです。

※悪質な嫌がらせ、いじめや顧問による人格否定などなら即効で辞めた方がいい。

 

 

辞めて後悔するなら続けた方が良いので、自問自答し自分自身で決断をすれば後悔のない答えが出てきます。

 

どんな理由であれ、自分で考えて決断したことに他人が介入する理由はありません。

 

 

自分で自信を持って決断し、行動している。

そんな覚悟があるなら大学で部活を辞めても、後悔することは無いでしょう。

 

逃げるのは悪いことではありません。

 

 

 

自分に合う環境があれば速攻で移動した方が、充実した時間を過ごせます。

 

 

 

辞めるのなら辞めてよかったと思えるように過ごす

 

大学で部活を辞めても、

「辞めて良かった」と思える時間を作ればいいだけです。

 

部活を辞めて

・旅に出る

・お金を稼ぐ

・恋愛しまくる

・起業する

 

のように、いくらでも大学生活を充実できるような方法はあります。

 

行動し続けていれば、そこそこ忙しい日々が続いて部活を辞めたことの虚無感も無くなって

視野も広がります。

 

 

 

僕自身の話ですが、

学生で月収30万円?おすすめのバイトについて

世界一周を決意した理由と旅を終えたその後について

 

である通り、バイトに励んで月に30万円以上稼いだり、そのバイトで貯めたお金で世界一周を学生の間に経験できたことで、

「部活を辞めて良かった」と今でも心の底から感じています。

 

 

部活を辞めてなかったら、こんなにも普通の学生と違った経験ができませんでしたから。

 

 

 

※補足ですが、部活動も立派な経験です。

参照:【人生論】10代~20代すべきこと、経験すべきことのまとめ

 

 

 

実際に行動していない人の言うことは真に受けない

大学で部活を辞めたい人へ、最後に、

 

実際に行動していない人の言うことは真に受けないでください。

 

 

大学で部活を辞めたい人が周囲の部活仲間に相談すると

 

「大学の中途半端なタイミングで辞めるのはもったいない。」

「辞めて何するの?」

「ダラダラ遊ぶだけやろ?」とネガティブな返しが多いです。

 

 

 

 

こんなのは全部無視してください。

 

部活仲間は部活しかしてこなかった人の割合が多いです。

 

 

そんな外の世界を知らない人達に辞めることを相談しても、部活を続けることをメインに説得されます。

 

 

自分のことを思って、辞めないように説得してくれることに感謝は絶対にすべきですが、

実際に行動している人、大学で部活を辞めた人の話を聞くことが一番自分の身に染みるはずです。

 

 

僕の場合、ド根性がありながら体育会系の部を数カ月で辞めた友達が地元にいましたので

簡単に経験者に相談することができました。

 

 

彼に相談すると

「辞めて何か行動するのもええんちゃう?」

簡単に助言を貰えたので、自分の選択肢が間違っていないと胸を張って辞めることができました。

 

 

最後に

大学で部活を辞めたいと考えている方は、自分と向き合いながら後悔のないように決断と行動を行ってください。

 

 

大学で部活を辞めたいのなら、余裕で辞めてOKです。

 

辞めて良かったと思えるように過ごして、行動すれば良いだけなので。

 

 

以上、「【実話あり】大学で部活を辞めたい人へ」でした。