ド陰キャ学生が営業系のバイトで100人中7位にランクインした方法

Uncategorized

こんにちは、たけしです。

僕は学生の頃、コールセンターのアルバイトで約1年ほどアルバイトをしていました。純粋に高い時給に魅力を感じたのがキッカケです。

ここで僕は、運よく営業成績上位をキープし、学生の割にはそこそこ稼がせてもらいました。

 

ちなみに僕はド陰キャのコミュ障です(笑)

 

僕みたいに営業が苦手な人でも、参考になれればと思って上位に食い込めた要因を共有します。

理由は2つあります。

 

1、できる人のやり方を徹底的にパクった

一つ目は、営業成績の上位の方のやり方をただ純粋にパクりました。パクるというと人のやり方を模倣し、自分で考えず良くないと一般的には思われるでしょう。

それも否定はしないですが、自分一人で考えすぎると限界があります。

僕は、コミュ障で自分から積極的に人と関わる陽キャではないので、コールセンターでバイトし始めた最初の2カ月は本当にしんどかったです。

 

電話越しですが、ブチぎられたり警察に通報されたり、ワン切りされ、2カ月経てば速攻でやめようと思いましたが、無駄な抵抗であと1か月だけやろうと決めました。

そこで後悔しないようにと取り組んだのは、休憩の時間に営業成績上位の人達のトークが録音されたレコーダーをひたすら聞きました。

 

そんなことを1か月続けると急に受注できるようになりました。

 

 

 

ただ単にできる人のやり方を徹底的にパクっただけです。

電話を切られないように、導入のトークはどのように話しているか、相手に否定されても言い返して納得できるための言い回し方はどうするか、何気なく簡単そうに聞こえるセールストークを淡々と話すのは、容易ではありませんでした。

バイトを始めて3カ月が経った頃にはバイトリーダーの成績を抜き、下克上を果たした気分に浸ってさらに意欲的に頑張る、という好循環に入りました。

TTP(徹底的にパクる)は再現性が高く、誰にもできることなので何かつまずいた時、わからないことが多く伸び悩んだ時などは、その分野においてできる人、先輩、上司のやり方をTTPすることをお勧めします。

初歩的なことですが、このTTPができていない人は案外多いので、無駄なプライドは捨てるようにしましょう。

 

2、頑張る目的があるから

2つ目は個人的な理由ですが、ここで頑張ってお金を貯めることで自分の夢につながると意欲的に頑張れる目的があったからです。当時、大学を休学し世界一周をするという目標、強い想いがあるのが大きかったです。

なぜ、世界一周をしようと考えたか、また別の機会に発信します。

世界一周を決意した理由と旅を終えたその後について

夢や目標があると、どんな困難でも乗り越えようと前向きになれます。

 

具体的に言うと、怒りまくるお客さん、暴言を吐くお客さんと話したときは、なかなか神経が削られますが、ここで簡単にやる気をなくす世界一周はできないと自分を奮い立たせて続けることができました。

 

大の大人でも一週間で辞める人も居ますので、楽な環境ではなく、学生で半年以上、継続できる人は僕以外居ませんでした(自慢です!)

 

仮に何も目標がなければコールセンターで頑張ることはできなかったでしょう。

 

 

 

 

以上2点がド陰キャの僕でも、営業系のバイトで100人中7位にランクインした方法です。

 

TTPは誰でもできますが、2点目の頑張れる目標を作ることは時間がかかるかもしれません。ですが日頃から自己分析し、自分のやりたいことを模索することで目標が構築できるはずです。

 

TTPができ、頑張れる目標や目的があれば、どんな分野でも遅かれ早かれ結果を出せると信じています。