ヒッチハイクのやり方を解説!海外で使えるおすすめアプリも紹介

Uncategorized

学生時代21歳の時、大学を1年休学し40カ国へ渡航。

頑張って貯めた100万円で8か月間を過ごすという、予算が限られているため、

節約の一環でヒッチハイクを行いました。

 

 

海外でヒッチハイクしてきましたー!と言うと

一般人A
一般人A
海外でヒッチハイクってどうやるの?簡単に乗せてもらえるの?

 

と就活の如く、質問攻めされまくりなりましたので、ヒッチハイクについて簡単なやり方や

よく聞かれることをまとめてみました!

 

実際に乗せてくれる人はいるのか

結論から言います。普通に乗せてくれます(笑)

 

ヒッチハイクを行うまでは、僕自身「こんな訳の分からないアジア人を乗せてくれる人ってホンマにおるんやろか?おったとしても中々の変人なのかな?」と不安に思ってました。

初めてのヒッチハイクはバルト三国の一つ、エストニアの首都タリンという町で比較的治安の良い場所から始めました。

 

恐る恐る目的地を段ボールに書き、両手で上げると思ったより好感触で、すれ違う車からは

幸運を祈る如く、👍のジェスチャーをしてくれる人がたくさん。

 

そうこうしている内にヒッチハイク開始から30分程経過し、乗せてくれる方が現れました。

 

率直な気持ち、「これは何かのドッキリ?本当に乗ってもいいの??」

と困惑しました(笑)

 

ヒッチハイクのやり方

段ボールに目的地を書いて見せる、もしくは親指を上にあげる

 

以上です!

 

極論、これだけで全然オッケーです(笑)

 

ただ、乗せてもらえやすくなる方法もあるのでまとめました!

 

車の止めやすい場所を選ぶ

運転手が乗せたい気持ちがあったとしても車が止められなければ、意味がありません。

 

・交通量が多くない場所

・路上で簡単に駐車できる場所

を探しましょう。

 

こういう場所は理想のヒッチハイクスポットですね。

 

 

笑顔をアピール

超基本的なことかもしれませんが、笑顔は必須です。

車に乗せても安心できる人間だと、一番のアピール方法は笑顔以外無いでしょう!

 

個人的な話、ヒッチハイクをしていると2,3時間炎天下で待ち続けることもあります。

 

そんな中では笑顔をキープするのは難しくて、余計に乗せてもらえないという負のループに陥ったこともありました。。。

 

なので無理のない程度でもいいから、笑顔はキープし続けましょう!

 

 

ヒッチハイクと海外旅行でおすすめのアプリ

 

ヒッチハイクと海外旅行で使って便利だったアプリを紹介します。

 

‎「オフライン地図、GPSナビ:MAPS.ME」をApp Storeで (apple.com)

MAPS.MEは電波がなく、オフラインの状態でも現在地がどこか海外でも特定できる、

海外旅行では必須のアプリです。

WiFiが無かったり、SIMの上限を気にする必要なく思う存分に使用できます。

 

 

以下の写真が実際に表示される画面です。WiFiの繋がっているマークがありますが(笑)

オフラインでも同様に現在地を示してくれます!

 

 

ヒッチハイクでは運転手が変な場所に連れて行って何か企んでいないか、

失礼な行為かもしれませんが、念には念を押し、目的地にちゃんと向かっているかも確認するのに使いました。

未知の土地で活用できること間違いないので、海外旅行とヒッチハイクをする際は是非インストールください!

 

注意事項:ネットの使える環境で事前に対象地域のマップをダウンロードする必要がありますので、お忘れなく。

 

 

ヒッチウィキ:ヒッチハイカーのヒッチハイクガイド (hitchwiki.org)

こちらはアプリではありませんが、世界中でヒッチハイクをする際に役立つサイトです。

HITCHWIKIとは、海外でヒッチハイクを行う人向けのサイトで世界中のヒッチハイクスポットが載っています。

 

※欧米ほどではありませんが、日本もヒッチハイクスポットが記載されています。

 

前述したエストニアのタリンでヒッチハイクをした際、このHITCHWIKIを見て乗せてもらえやすい場所を探すことができました。

 

正直、このサイトを見れば誰でもヒッチハイクできます!

 

検索欄に行き先、もしくは今の滞在場所を入力すれば詳細が出てきます。

 

東西南北、どの方面に行くかによってルートも変わり、ヒッチハイクスポットへの行き方も解説されています。

 

 

 

注意事項:英語表記がメインなため、英語が読める人向けのサイトです。

また、マイナーな町の場合は情報が何もない可能性もあります。

 

 

 

ヒッチハイクでよく聞かれる質問

 

危険な目に遭わなかったのか

一切合いませんでした!

というのも、

・比較的治安のいい国、場所でする

・変な人には付いていかない

 

ことを最低限気を付けていたので、

運が良かっただけかもしれませんが、何も危険に感じることはありませんでした。

 

(全く意思疎通できず、変なことを言ってる人からお誘いはありましたが

そういう方はお断りしました(笑))

 

 

どのくらいの時間で乗せてもらえるのか

平均すると1時間半ほど。

 

30~40分で乗せてもらえる時もあれば、3時間かかる時もしばしば、、

 

 

最短で3分

最長は8時間粘っても、その日は乗せてもらえなかったこともあります。。

(翌日、30分歩いて場所を変えると数分で乗せてもらえました(笑))

 

 

まとめ

 

・実際に乗せてくれる人はいるのか

います!

 

・ヒッチハイクのやり方

段ボールに目的地を書いて見せる、もしくは親指を上にあげる

 

・ヒッチハイクと海外旅行でおすすめのアプリ

‎「オフライン地図、GPSナビ:MAPS.ME」をApp Storeで (apple.com)

Hitchwiki: the Hitchhiker’s guide to Hitchhiking (サイト)

 

・ヒッチハイクでよく聞かれる質問

①危険な目に遭わなかったか

一切遭いませんでした。

 

②どのくらいの時間で乗せてもらえるのか

平均で1時間半ほど

 

 

以上です!

 

 

ヒッチハイクを海外でやってみたいという方は、是非ご参考ください!