世界一周した中でのおススメの国、ペルーについて①

Uncategorized

南米のペルー

世界を周った中でもかなり印象的な国。

 

マチュピチュやナスカの地上絵で有名な国ですが、何といってもこの国は見所が多すぎる!

 

そんなペルーの、日本人にあまり知られてない場所(僕が訪れた中で)を紹介していきたいと思います。

 

 

①チチカカ湖

 

なんちゅう名前の湖やと感じますが、この湖は色んな意味で見所が多いです(笑)

場所的にはペルーと隣国ボリビアの国境に位置する湖で、現地人と多くの観光客で賑わっています。

 

 

そんな湖に何があるかというと、藁でできた島、ウロス島という所があります。

拠点となる街からフェリーで20分程で簡単に行くことができ、観光地化されています。

 

 

元々、僕は行く予定はなかったのですが、バスターミナルにて「今から、500円でウロス島のツアーに行かへんか?」とツアー兼バス会社で働いているおじさんに誘われ、一緒に行動していた友達と「こんな安かったら行くしかないんちゃうか??」と話を聞くことに。。

 

いざ話を聞くと、何人も観光客を案内した実績もあり、質問にはわかりやすく答えてくれることから、しっかりしているツアーと感じました。

 

ただ、いきなりすぎたので、冷静な判断がしにくかったこともあり、「もう少し安くなれば即決するよ」と交渉してみると、「いいよ。じゃ350円ね」と値下げてくれ、ウロス島のツアーへの参加が決まりました(笑)

 

 

出発進行

 

 

 

 

 

あっという間に島に到着

 

 

 

島には現地の住民が住んでいますが、観光地化されています。

 

 

 

上陸した際の藁のクッション性は気持ちよかったですね。

藁は柔らかいのに頑丈にできた島で、人口的に作られたとは思いませんでした。

 

 

 

 

島についての説明

 

その後は現地人の民族女性によるチューリップ合唱が突如始まり、日本語Verでしっかり歌ってくれました(笑)

 

こんな日本の真裏でチューリップを聞くとは思いませんでしたが、それだけ日本人観光客が多いんでしょう。。。

 

 

家の中を見させてもらえましたが、このようなワンルームの戸建てが島中にあります。

 

 

写真がぼやけてしまいましたが、おばあちゃんが湖で洗濯する姿は、桃が流れてくる某昔話そのもの。

 

島の暮らしを味わった後、最後はお待ちかねのお土産コーナーへ案内されます。

 

 

 

 

この可愛らしい財布は最初は「600円で買わへんか??」

と言われましたが、ペルーの物価をある程度把握している僕は明らかに高いと感じたので、

 

「150円なら買うよ」

と交渉したら

 

「ええよ。毎度あり~!」とこれまた2つ返事で決まりました(笑)

 

僕も150円で買えるならと満足です!!

 

ノリで決めたウロス島のツアー参加でしたが、何も考えず下調べもしなかった反面、濃厚で充実した経験になりました。

チチカカ湖に来た際は気分転換として参加してみたら、楽しめると思います。

 

 

②レインボーマウンテン

 

「なにそれ。虹の山?」と訳すと思いますが、その通りです。

 

行き方としては、ペルーのクスコという拠点の町からバンで5時間ほどかけて行きます。

 

早朝に起きて日中はレインボーマウンテン、昼過ぎからクスコに戻るという内容です。

往復のバンは町中に溢れているツアー会社から簡単に手配できます。

 

 

ツアー内容を紹介していきます。

 

バンで4,5時間かけて麓に到着後、過酷なコースを歩いていきます。

 

 

バンから降りた瞬間からこの景色です。

緑豊か。。

 

 

ちなみにここは標高なんと5000m!!

酸素が薄すぎて一歩一歩動くくだけで冗談抜きでしんどい。。。

富士山の標高3776mよりもさらに1000m以上も高い場所を、片道2,3時間くらい歩かないといけない。

 

 

個人差はあるけど、ぶっちゃけ標高2000mの場所でも息は簡単に乱れます。

 

そのためレインボーマウンテンは想像以上に過酷な道のりなのである。

 

 

ただ、道中の景色はすこぶる良い!!

 

 

 

 

過酷さに比例して、景色の広大さはどんどん増すのがゴールに辿り着きたいというモチベーションに繋がる。

 

 

 

 

順調に足を進めていくと、

 

心臓破りの坂に遭遇。

※写真真ん中の青いマウンテンパーカーを着ている僕は、死にかけです。

 

写真では何ともない緩い坂に見えるかもしれないけど、標高5000mではロッククライミングの如く断崖絶壁をよじ登るくらいの体力が削られる。。

とんでもないラスボスがここに待ち受けるとは誰も想像しなかっただろうに(笑)

 

心臓をもがき続けながらこの坂を上るのに20分以上は使ってしまった。。。

 

 

 

ですがこの坂を登れば、ゴールは目前です!!

 

 

 

 

 

 

 

素敵やん。。。

 

 

様々な層が重なって、虹色の山を作るとは自然は凄い。

思ってたほどの虹色ではなかったけど、、(笑)

 

休憩、写真撮影をしたりと、この風景をのんびり眺めて過ごした後は帰りのバンに乗るためテキパキ帰ります。

 

 

帰り道も景色が良く、下り道が続くので楽に帰れました(笑)

 

 

 

青空がきれい。

 

 

天気にも恵まれ充実したトレッキングになりましたが、体力は相当削られました(笑)

 

レインボーマウンテンへ訪れる際は、標高の高い場所で体を慣らす等、高山病対策だけは準備しておきましょう!

 

 

 

まだペルー編は続きます!!