世界一周を決意した理由と旅を終えたその後について

Uncategorized

 

 

世界一周しました!!というと、

 

一般人A
一般人A
「何で世界一周やろうと思ったの?」

と鼓膜が悲鳴を出すくらい言われ続けてきたので、ここで述べようと思います。

それと世界一周を終えたその後についても、僕の個人的な思いを綴らせていただきます!

 

世界一周をしようと決意した理由

 

世界一周しようと決意したのは主に2つあります。

①部活を辞めて結果を出せなかった。だから記憶に残ることをしたかった。

②時間のある学生の間に貴重な経験をしたかった。

です。

 

順番に解説します。

 

 

①部活を辞めて結果を出せなかった。だから記憶に残ることをしたかった。

僕は中学1年の頃から陸上競技をしてました。

結果を出すことにこだわり続けていましたが、何も芽が出ないまま8年間を過ごし、大学2年生になってしまいました。

 

ふと考えた時、「このまま頑張っても今の自分なら、結果が出せず思い出作りで陸上人生を終えるんかな」と思い、一気にやる気が無くなりました(笑)

 

やる気がないのなら辞めたほうが良いと割り切った僕は、大学2年生が終わる直前に退部し漠然と興味のある海外へ旅行してみようかなと考えました。

 

周囲からは「今辞めるなんてもったいないし、辞めて何するの?」と言われることもありましたが、辞めてよかったと思えるように過ごそうと思うと、あまり気にならないようになりました(笑)

 

 

何か今の間にやり遂げれそうなこと、記憶に残ることがやりたいと考えた矢先、

何も考えずタイとカンボジアにて一人旅を行い、そこで僕と同じタイミングで部活を辞め、お金を貯めた後、休学して世界を周ったという2個上の学生さんに出会いました。

 

 

休学して今の間に海外を見て周るのも、貴重な経験になるよ。」と同じ境遇で僕の興味があることを経験している人の話を聞き、記憶に残ることをしようと世界一周に繋がりました。

 

 

②時間のある学生の間に貴重な経験をしたかった。

社会人になれば週5で仕事に縛られ、お金はあっても時間がないという呪縛に憑かれると危機感がありました。

 

休学して1年間、思う存分に過ごせるのも今しかないと考え、①で前述したとおり、世界一周しようと決意しました。

 

家は正直、貧乏だったので、休学費が安かったのが最後の決め手にもなりました(笑)

休学費は年間で12万円。私学にしては安い方だと思います。

 

参照

【実体験あり】関大(関西大学)の休学費用と手続きについて

【実話】大学を休学して何をするかで人生は変わる

 

※休学費ももちろん、世界一周の費用も全て自己負担です。

 

 

 

旅を終えたその後について

旅を終え、「世界一周を終えた後の変化ってある?」と頻繁に聞かれます。

 

正直、僕的には「コミュ力が上がった!」「人生は自由だ!」と人に言える程の実感はなかったです(笑)

 

ただ言えることは、今後の人生を変える小さなキッカケにはなると感じています。

今後の人生を変える小さなキッカケになりそうだと感じたのは、人生の岐路として何かチャレンジする機会が今後出てくると思うので、その時にこの世界一周の経験、行動力と決断力が大きく活かせれるだろうとは思っています。

 

深堀すると、

国境で一人きりのなか8時間置いてきぼりにされたり、南米のスラム街で詐欺師と戦ったりと異国の訳の分からない状況や言葉の通じない場所で生き抜くことができたので、人生の岐路に立たされた時の行動力、決断力は平均的な能力よりも高くなったと自信があります(笑)

 

他にも、野宿やヒッチハイクを経験し無一文生活を経験すると、家賃を入れても「月に5万円あれば簡単に暮らせるもんやなぁ」と節約メンタルも身に付き、気持ち的には圧倒的に余裕が生まれました(笑)

 

 

現実、仕事では自分の無能さに病んでばかりで、海外で培った経験は何も活用できてませんが、尊敬する先輩社員からは「お前の人柄と過去の経験(世界一周)は、これから絶対に活かせれる」と言われたので、その言葉を信じて今はのんびり耐えています(笑)

 

※退職しました。24歳の男が新卒で入社した会社を、1年半で退職した理由

 

 

まとめ

・世界一周をしようと決意した理由

①部活を辞めて結果を出せなかった。だから記憶に残ることをしたかった。

②時間のある学生の間に貴重な経験をしたかった。

 

・旅を終えたその後について

世界一周達成=今後の人生を変える小さなキッカケと実感。

理由:人生の岐路に立たされた時の行動力、決断力が磨かれたから

+α、ハングリー精神も身に付いた(笑)

 

 

以上です。

結論、世界一周は間違いなく、かけがえのない経験になること間違いなしです!!