休学したら就活は不利になるのか?影響は出るのか

Uncategorized
学生Aさん
学生Aさん
大学を休学したら就職活動が不利になったり、何か影響て出てくるの?

 

こんな疑問を解決します。

 

僕自身、大学を休学して就職活動を経験しました。

参照:【実話】大学を休学して何をするかで人生は変わる

 

そんな僕が今回、

・休学したら就活は不利になるのか

・休学したら就活が不利になる人

・休学のデメリット

などについて解説していますので、気になる方はぜひご覧ください!

 

 

休学したら就活は不利になるのか?影響はあるのか?

 

はっきり言うと、不利な影響はありません!

むしろ休学中に、ほかの学生とは違った最強の武器を手に入れれば就活は無双できます。

 

この最強の武器の具体例は以下の通りです。

 

・英語や語学に堪能

・インターンで鍛えた営業力

・プログラミングやWeb関連のスキル

・海外で歌を歌ってお金稼ぎする ※実際に出会った人のことです。笑

 

休学中に得た経験から武器が出来上がり、その武器を活かせば就活が不利になることは一切ありません。

 

採用の合否がかかった面接では、

 

面接官
面接官

「休学して何していたの?」

「休学して何を経験したか、その経験から生かせることはある?」

と聞かれることも多いです。

 

そんな時に休学期間を活用して自己研鑽し、武器を身に着けた学生なら簡単に答えられるでしょう。

 

 

 

繰り返しになりますが休学中に自分の武器を作れば、就活が不利になることはありません。

もし武器が作れなかったとしても目的を持って経験を積んでいけば、「自分で考えて行動できる人」とも評価されます。

 

 

休学して

①自分の武器を手に入れる

②自分で決めた目的に向けて努力・行動できる

こんな人なら、人事の立場として採用してみたいですよね。

 

なので、①②の人なら休学しても、就活が不利になることは一切ありません。

 

 

休学して就活が不利になる人

 

休学をしたところで就職活動は不利にならないとお伝えしましたが、就活が不利になる人もいます。

 

・目的がなく漠然と休学した人

・休学中に武器や経験を得られなかった人

上記の人は、休学したことが不利な影響に出てしまう可能性があります。

 

 

エントリーシートをみて気付いた面接官から

面接官
面接官
5年も大学に通っているのはなんで?

と聞かれたときに休学の理由をうまく答えれなかったら、

 

「ダラダラ1年過ごしていたのかな。」

と休学にネガティブな印象を持たれます。

 

短くて10分、長くても60分間しかない面接では、ちょっとしたネガティブな印象が合否に影響します。

 

なので

・目的がなく漠然と休学した人

・休学中に武器や経験を得られなかった人

上記の人は、就活が不利になる可能性があります。

 

 

休学のデメリット

休学にはデメリットもあります。

 

①復学後は1人になる

②私立大学は休学費用がかかる

③家庭によれば説得しないといけない

 

まとめましたので順番に解説しますね。

 

 

デメリット①:復学後は1人になる

 

復学後に授業が残っている場合、同じ授業を受けれる友人や後輩がいなければ1人で過ごすことになります。

大学4年生へと進級する時に休学する学生が多い傾向がありますが、もしそのタイミングで1年休学すると、復学した時に同期はもう卒業しています。

 

仲の良い同期がいない学生生活は少し寂しいですね。。

(復学後、仲の良い院生の友人がいたおかげで僕は楽しめました。笑)

 

 

デメリット②:私立大学は休学費用がかかる

 

国公立の大学の休学費用は全くかかりませんが、私大は大学によっては高いです。

 

1年間の休学で30万円以上かかれば、2万円程度で済む大学もあります。

参照:有名私立30大学の休学費用を調査、あなたの大学はいくら? | CONPATH | カンボジアのテクノロジー&スタートアップ関連の話題を発信するブログメディア

 

 

デメリット③:家庭によれば親に説得しないといけない

 

「休学する!」

と親に伝えると納得されないケースもあります。

 

実際、日本で休学をする学生の割合は世界の中でもかなり低いので、いきなり言い出すと納得しない親の気持ちも理解できます。

参照:日本の大学生の休学率が、他国と比較して桁違いに低い理由 – 国際研究インスティチュート(IIS) (iis-japan.jp)

 

親が納得しない場合は、「休学する目的とその目的を達成してどうなりたいか」の情熱を伝えれば許してくれる確率があがります。

お金も貯めといて、親に頼らない姿勢を示すことも大事ですね。

 

 

休学をすべき人

 

個人的な考えですが、数少ない学生生活を充実させれるのなら休学すべきと僕は考えています。

 

特に、

・目的がしっかりある

・行動力に溢れている

 

という方は休学をおすすめします。簡単に解説しますね。

 

目的がある

「留学したい、起業したい」と目的があるなら休学してチャレンジする価値は大いにあります。

 

学生という守られた地位に属している間に努力できる環境は早々ありません。

※詳しくは、【実話】大学を休学して何をするかで人生は変わるでも解説しています。

 

目的があるなら積極的に休学を活用してみましょう。

 

 

行動力に溢れている

休学した期間を惜しみなく使う行動力があるなら、休学して何かチャレンジしてみる絶好の機会です。

 

行動したことが自分の武器に繋がり、かけがえのない経験を味わえれるので前向きに休学を検討して頂きたいです。

 

 

最後に

以上、「休学したら就活は不利になるのか?影響は出るのか?」でした。

休学しても、自分のスキルや経験次第で就職活動はむしろめっちゃ有利になります。

 

何かやりたいこと、目的がある学生の方は選択肢の一つに休学を考えてみてはいかがでしょうか?