僕の固定費について

Uncategorized

 

私事ではありますが社会人2年目になり、住民税がそろそろ課される時期になりました。

ケチで節約派の僕にとって6月の給料日がボーナスもあって嬉しい反面、住民税15,000円ほど納めるのが憂鬱です。。納税の義務は国民の義務なので避けようがないですね。

日々の出費を考えているそんな僕の固定費を共有、自己分析したいと思います。

 

ざっくりまとめると以下の感じです。

①家に支給:30,000円

②積立投資NISA:33,333円、(年額40万円)

③仮想通貨積立:10,000円

④奨学金:12,000円

⑤サブスク:3,300円(アマゾンプライム、日経新聞)

⑥通信費:9,000円(WiFi、僕とオカンの携帯代)

合計97,633円でした!!

我ながら実家暮らしの割になかなかの固定費ですね。

②③の積立がなければ97,633-43,333=54,300円と一般的かな。

 

ちなみに投資もせずに一人暮らしなら、④⑤⑥の24,300+家賃光熱費などで10万円近く支出していると思います。

 

ちなみに給料は26万円+残業代で30~33万円、手取りは24~28万円を彷徨っています。上記の固定費を引くと、14~18万円が自由に使えるお金です。

交際費やプライベートで使うお金は2~5万円で、9~16万円が毎月の貯金額になります。

 

 

 

※番外編ですが、今年度の貯金額を見積もってみました(笑)

ざっくり9~16万円×12カ月=108~192万円になりましたがボーナスを加味すると、208~292万円(ボーナス手取り100万円と算出)でした。

少なく見積もっても200万円も貯金ができそうで、楽しみですね$$

 

話はさておき僕の固定費についてまとめてみました。

ぶっちゃけ待遇の良い職場なのがやはり大きいですね。なんやかんや平均的な給料だった場合は投資②③の43,333円を無くし、現金預金の割合はそのまま平行線かなと思います。

 

ちなみに年収別、年代別の平均貯金額というデータがありましたので参考までにご覧ください。実家暮らしで派手に遊ばなければ平均以上の貯金は恐らくできそうですね。 毎月の平均貯金額(年収別・年代別)|統計ラボ (toukei-labo.info)

以上、まとめて思ったのは僕の固定費はなかなか多く意外と驚きました(笑)が、結果的に積立投資で投じた資産は増えているので、貯金と投資のバランスを考えて資産を増やせるよに勉強したいと思います。

皆さんもこの機会に固定費を見直してはいかがでしょうか?

中には生活費をエクセルにまとめるくらい節約派もいますが、ストレスのかからない程度に支出の管理をして皆さんのお小遣いが増えれば幸いです。