僕の行動力が化け物になった理由3選

Uncategorized

 

行動力が化け物になる方法を先日、まとめましたが

参照:行動力が誰でも化け物になる方法4選

 

マクドでコーヒーのSサイズばっかり頼む一般人の僕が

なぜ、人一倍の行動力をもっているか、

 

自己分析も兼ねて理由をまとめましたので、ご覧ください。

 

 

体育会系部活動の経験

僕は中学から大学2年生まで、体育会系部活動に励んでいました。

 

特に高校では、全国大会の常連である強豪校に入学し、2度と戻りたくない高校生活を送ることができました。。

 

 

ここで僕が日々思い出す顧問の名言があります。

 

「レースは冷静に、勝負は大胆に。」

 

根性論ゴリ押しの環境で育てられたので、迷ったら行く、行動するというメンタル面での指導を3年間受けると、嫌でも行動しないと気が済まないようになりました。

 

 

怒号を浴びまくった高校生活でしたが、厳しい環境で過ごせたことに後悔はないです。

 

 

 

借金だらけで自己破産した親を見たから

僕の親は自営業をしていましたが、高校2年生のとある日に

父さんの会社が倒産するというまじなダジャレが現実になりました。

 

 

突如、家を1週間後に出ないといけなくなり、割とシビアな状況だったけど

親が人生の大失敗とも言える多額の借金、自己破産をしても死ぬことは無いのかと間近で見れました。

(僕の知らないところで、親はもの凄いストレスがあったかもしれませんが。)

 

 

多額の借金があり、自己破産しても死ぬことは無い。

 

普通に考えたら、借金が山ほどあるだけで人生絶望しそうだけど、万が一返せなくても生きていけると知った時は

 

死ぬことがないのなら、行動しないリスクの方が実は大きすぎるんじゃないのかな?と10代で感じました。

 

※借りたものは絶対に返さないといけません。死に物狂いで努力したうえで返せない、自己破産するしかないという前提条件です。

 

 

部活と親の自己破産を見れた成長著しい10代。行動して失敗しまくっても死なないと感じた瞬間でした。

 

 

大学を1年休学して世界一周したから

大学2年生の終盤、8年間続けてきた部活動を辞める決意をしました。

 

 

辞めてから何をしたかというと世界一周です。

 

 

国境で一人きりのなか8時間置いてきぼりにされたり、南米のスラム街で詐欺師と戦ったりと異国の訳の分からない状況や言葉の通じない場所で生き抜くことができたので、

 

人生の岐路に立たされた時の行動力、決断力は平均的な能力よりも高くなった自信があります。

 

参照

世界一周にかかったお金について

世界一周を決意した理由と旅を終えたその後について

 

 

 

 

他にも、野宿やヒッチハイクを経験し無一文生活を経験すると、家賃を入れても「月に5万円あれば簡単に暮らせるもんやなぁ」と節約メンタルも身に付き、気持ち的には圧倒的に余裕が生まれました。

 

人一倍行動すれば人一倍しんどい経験もあるけど、人一倍楽しむことができる。

 

世界一周は、僕の行動力にさらに拍車をかける経験となりました。

 

 

最後に

 

 

行動力がもっと欲しい方向けに20代にとって大切な17のこと (きずな出版)も紹介します。

 

著者はユダヤ人の大富豪から、お金持ちになる方法を教わった本田健さん。

行動力があり若くして会社を築き富を得た方で、20代の間に経験しておきたいことを分かりやすく解説してくれます。

 

この本を読んだ後、20代の人生で一番若い日、今がいかに大事か、改めて行動せざるをえないと痛感しました。

 

 

 

 

 

以上、僕の行動力が化け物になった理由3選でした。