大企業を辞めて1カ月、めっちゃ後悔してます。

Uncategorized

 

 

24歳の男が新卒で入社した会社を、1年半で退職した理由で記事にした通り、

2021年の11月付けで超ホワイト企業を退職しました。

 

 

今は、1年半で頑張って貯めたお金と、失業保険を命綱として頼っている状態です。

 

 

 

 

会社を辞めてあっという間に1カ月が経ちましたが、正直めっちゃ後悔しています。

 

 

大企業を辞めることに何の抵抗もなかったのですが、いざ辞めると浅はかな行動で

情けないと自覚しています。

 

 

一緒に働いていた方々は本当に良い人ばかりで、もう二度と一緒に働くことができません。

 

 

 

職場には仕事ができる方々ばかりいて、ハラスメントまがいの上司もいましたが、愛情の込められた指導だったと今気付いています。

 

 

 

 

待遇面でも、同世代の中では恵まれていました。

新卒入社2年目で年収 500 万?大企業勤務時代の給料を大公開

 

 

毎日、会社に勤めて自分の思うように行動できないのが、ストレスでしょうがなかったですが

ちょっと残業すれば月に35万円も簡単に稼いでいたし、ボーナスもたくさん貰えました。

 

社会的信用も高い。

 

 

平日は同じ日々を繰り返して、適度にストレスを溜めながらも会社の言うことを聞くだけで、

家族がいても将来に不安を持つ必要はなくなる。

 

 

今思うとこんな恵まれた環境は中々ないです。

 

 

いくら嘆いても、過去は変えられないので大企業を辞めたことも覆りません。

 

「会社 辞めた 後悔」

「大企業 辞めた 後悔」

 

と検索してこの記事を見ている人は、ラッキーです。

 

 

僕のこの後悔を事前に知れたことは、今後に生かせることでしょう。

 

 

 

タイトルの通りですが、

大企業を辞めて1カ月、めっちゃ後悔してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことは一切思っていません。

 

100%嘘です。

 

 

なんでこんな嘘をついたかというと。

会社を辞めるかどうか真剣に悩んでいる方が、

 

「会社 辞めた 後悔」

「大企業 辞めた 後悔」

 

と検索してこの記事を見ている人は多いからです。

 

 

もし、前半のネガティブな内容を見て

「簡単に会社を辞めない方が良い」

と思ってしまった方は会社を辞めない方が良いです。

 

 

前半の内容を読んだうえで、

会社辞めたい人
会社辞めたい人
僕(私)なら辞めても頑張れる

と根拠のない自信と自分に軸がある人なら、辞めても何かしら行動できる人です。

 

 

就活で頑張って、何とか内定を取った会社を真剣に辞めるか悩んでいる。

そんな時にブログに書かれている内容を少し見ただけで、会社を辞めない方が良いと躊躇する程度なら辞めない方が絶対いいです。

 

矛盾しますが、僕も会社を辞めるかどうか悩んでいた時も

「会社 辞めた 後悔」

「大企業 辞めた 後悔」を検索しまくってました。。。。

 

 

会社を辞めるか、すっごい悩んでいましたが、僕の場合は頑固で自己中な性格なおかげで、

「俺には俺の考えがある」

「学生で月30万円稼いでいたから、飢え死にすることは無い」

学生で月収30万円?おすすめのバイトについて

「世界一殺人の多い国に行ったり、海外で野宿とヒッチハイクを経験した俺なら大丈夫」

世界一周を決意した理由と旅を終えたその後について

 

 

と過去の経験も踏まると、最後は簡単に辞める決心ができました。

 

 

 

親
3年は続けなさい

と親からは言われましたが、見極めるのに3年は長く、理由を聞いても根拠が全然なかったのでスルーしました。

(こんな生意気な息子でごめんなさい。。。)

 

 

「恵まれた会社を辞めて後悔している人はいっぱいいるよ」

と多くの人からも言われましたが、辞めて良かったと思えるように行動する人の心にはそんなことは一切刺さりませんよね。

 

 

 

 

色々と偉そうなことを書いたり、前半は嘘を書いて申し訳なかったですが、

このブログを読んでいる人のための記事を書きたい

との思いでこの記事を書きました。

 

 

結論、

 

新卒で入った大企業を1年半で辞めても後悔は全然ありません。

 

 

 

 

 

※今回の記事を書くのに、

正直、大企業辞めてめちゃくちゃ後悔してます。|ゆきみん通信 (yukimi.net)

を参考にさせていただきました。

 

ゆきみんさんの構成がすごい参考になり、構成をほぼ似せて自分の言葉で表現しました。

面白い記事がたくさんあるので、時間がある方は是非ご覧ください。