40カ国旅した世界一周経験者が語る、おすすめルートを紹介

Uncategorized
Aさん
Aさん
世界一周てどんなルートで旅するの?

こんな質問にお答えします。

 

僕自身ですが、

 

の経験があります。

 

 

実際に「世界一周してきました!」というと、

「どんなルートで旅したの?」としょっちゅう聞かれたので記事にしてみました。

 

・世界一周に興味がある

・世界一周のルートが知りたい

・どのくらいお金がいるの?

 

と気になる方は、

実際に世界一周して感じたおすすめのルートも紹介してますので

ぜひご覧ください!

 

 

まず世界一周とは

 

まず、世界一周という概念は、特に決まっていなくて個人的には

物理的に地球を東西に周る

ことが世界一周と捉えています。

 

(本当に概念がないので、違うと感じるのも全然自由です。笑)

 

 

僕なりの解釈は、大西洋と太平洋をまたいで周れば完ぺきな世界一周と胸を張れます。

 

 

40カ国旅した世界一周経験者が語る、おすすめルート:西回り

 

40カ国旅した世界一周経験者の僕が語るおすすめルートですが、

日本から西回りにスタートするルートです。

 

・時差が小さい

・日本人観光客が多い

・物価が安く、魅力的な国が盛りだくさん

 

ということからおすすめです。

 

順番に解説しますね。

 

おすすめ理由①:時差が小さい

日本から見て西側の国は、距離的にも近く、フライトも短くて気軽に行くことができます。

 

近くて気軽に行けるということは、時差も当然小さいです。

例えば、タイにいくなら2時間しか時差が無く日本にいる時と大した差はありません。

 

タイから少しずつ西側に行くとしても、長距離移動をしなければ徐々に時差に慣れて移動することができます。

 

 

いきなり日本からヨーロッパに行くと、12時間の時差を痛感することになるので

・生活リズムの崩壊

・時差に慣れるまで心身ともにしんどい

ことも普通にあります。

 

 

 

おすすめ理由:②日本人観光客が多い

西周りで東南アジアに行くと、観光地には日本人が山ほどいます。

タイ、ベトナム、カンボジア、など西周りで定番の国は日本人相手で成り立っている旅行会社も多く、日本人専用のホステルまであります。

 

西周りで世界一周や海外旅行を始める方にとって、同じ日本人がいるだけで心強くて、なにか起こっても言葉の通じる人がたくさんいるのは気持ち的にもめっちゃありがたいですね。

 

日本人が多い環境から海外慣れすることも旅のスタートにおすすめです。

 

 

おすすめ理由:③物価が安く、魅力的な国が盛りだくさん

前述したタイ、ベトナム、カンボジアなどの日本の西側の途上国は物価が安いです。

 

100円でおいしい屋台飯が食べれたり、1000円出せばそこそこきれいな宿もあります。

(300円で泊まれる場所もあります。笑)

 

海外で安く過ごせることは気持ち的に余裕が出るのはもちろん、遺跡や自然にも溢れている国が多く、東南アジア・中央アジアは魅力だらけの場所です。

 

 

 

実際の世界一周ルート

 

僕が実際に世界一周した時のルートについても紹介します。

 

 

 

スタートは中近東:インド→ヨルダン→イスラエル→パレスチナ自治区→エジプト→トルコ

ヨーロッパ:ロシア→エストニア→ラトビア→リトアニア→ハンガリー→ポーランド→セルビア→モンテネグロ→ボスニアヘルツェゴビナ→クロアチア→スロベニア→オーストリア→チェコ→ドイツ→フランス→スペイン

南米:アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ

帰路:アメリカ→中国→日本

 

 

世界一周以外にも、

タイ、カンボジア、ベトナム、マダガスカル、モロッコ、カナダ、イギリス、ベルギー

 

に行ったことがあるので合計40カ国に渡航しました。

 

 

個人的に、

・ロシアワールドカップに合わせる

・南米のベストシーズンに合わせる

 

ために西向きに世界一周をしましたが、いきなり東向きに周るよりも

時差が小さく、日本人が多くて、物価が安い=1カ国目のインドはスタート地点として大正解でした。

 

インドは刺激だらけで世界3大うざい大国(他はエジプトとモロッコ)の1つとして有名で、2週間弱をインドで過ごすのは中々しんどかったです。笑

 

ですが、詐欺師やぼったくりを見極めたり、日本語で変に話しかけてくる人との対応など、世界一周のウォーミングアップとしてはいい経験になりました。

 

 

 

勝手におすすめルートを紹介

 

仮に半年の間、世界一周するならと勝手ながらおすすめルートを考えてみました。

 

東南アジア1カ月(タイ、ベトナム、カンボジア)

中近東1カ月(ヨルダン、イスラエル、エジプト、トルコ)

ヨーロッパ1カ月(東欧から西欧)

南米2カ月(アルゼンチン、ボリビア、ペルー、エクアドル、コロンビア)

北米1カ月(メキシコ、アメリカ)

 

考えたおすすめルートはこんな感じです。

世界一周するなら最低半年は余裕を持って欲しいことから、合計6カ月で設定しています。

(僕は8カ月で世界一周しました。)

 

 

なんでこのルートをおすすめしているかというと、

・西回り

・半年で見所満載の場所

・世界一周する日本人の鉄板ルート

 

だからです。

 

ぶっちゃけ、世界一周するルートってみんな似ているんですよね。

世界中の見所も、世界一周しているブロガーが情報源になっていて簡単に探せれる時代にもなったので、上記でおすすめしたルートは世界一周経験者にとっては、もはや鉄板ルートなんです。

 

なので、このルートで海外を周れば日本人と合う可能性はグッとあがります。

 

 

最後に

なかなか思うように海外へ行きにくい状況ですが、意外と、世界一周している日本人は普通にいます。

※僕の友達でも1か月間、中東を旅している人がいました。笑

 

決して、世界一周できない世の中という訳でもないので、もし世界一周をいずれしたいと考えているならぜひ本記事を参考にしてみてください。

 

以上、「40カ国旅した世界一周経験者が語る、おすすめルートを紹介」でした!