TOIEC(トーイック)で300点台から700点にまで爆上げした勉強法

Uncategorized

 

Aさん
Aさん
TOIECで700点を超える方法、勉強法が知りたい。

こんな悩みを解決します。

 

・リスニングは元々苦手だった

・初めてTOIECを受けた点数は300点台

 

という賢くはなかった僕がTOIECで700点を取得した勉強法について解説していきますので

 

・就活でアピールしたい

・リスニングを克服したい

・TOIECで700点を取りたい

 

という方はぜひご覧ください!

 

 

 

勉強法:リスニングに特化

 

僕がTOIECで300点台から700点にまで爆上げした勉強法、

それは、リスニングに特化することでした。

 

当時の僕はリスニングが苦手で、全く問題を解けなかったです。

ですがリスニングが苦手ということは、得意分野になれば点数が爆上げできると単純に考えました。

 

TOEICで700点を取るなら

・リーディング300点 + リスニング400点

・リーディング400点 + リスニング300点

・リーディング350点 + リスニング350点

 

の配点で狙うのが一般的です。

 

苦手なリスニングで400点以上取れたら、TOEICで700点を超えるのも難しくはないかな?

 

と当時の僕は考えた挙句、この作戦が大成功でした。

 

 

 

なのでこの中でおすすめなのは、

・リーディング300点 + リスニング400点

でリスニングから貯金を作ることをおすすめします!

 

理由は続きをご参考ください。

 

 

リスニングから貯金を作る理由

 

リスニングから貯金を作る理由は

リーディングで400点を取るより、リスニングで400点を取る方が簡単だからです。

 

もちろん個人差はありますが、実際に

 

Aさん
Aさん
リスニングが苦手で全く聞けない。。。

と感じている方は、僕の友人のTOIEC600点以内の人によく多い傾向でした。

 

中学・高校の授業で、ある程度は単語や文法の基本が身に付いている人は多いですが、リスニングメインの授業は少ないので苦手に感じるのは当然です。

 

 

ですが、TOEICのリスニングは大体の問題パターンが決まっていて、少し解けるようになるとほかの問題もどんどん解けるようにもなります。

 

だから、ちょっと勉強してリスニングの問題を解け始めるようになれば、誰でも簡単に高得点を狙うことができます。

 

 

リスニングで400点を取る勉強法

 

具体的にリスニングで400点を取る勉強法は下記の通りです。

 

・Part3 (会話問題30問)とPart4 (説明文問題30問)を極める

・先読みは必須

・先読みできる練習をする

・聞けない英語は音読する

 

順番に解説しますね。

 

 

Part3 (会話問題30問)とPart4 (説明文問題30問)を極める

 

TOEICのリスニングは

Part1 写真描写 10問

Part2 応答問題30問

Part3 会話問題30問

Part4 説明文問題30問

 

の100問で構成されています。

 

そのうち、Part3とPart4で60問と半分以上もリスニングの割合を占めているので、ここを取りこぼすことは御法度です。

 

そんなPart3とPart4の攻略について解説します。

 

先読みは必須

 

Part3とPart4は

①最初に英文が流れる

②流れ終わったあと、その英文に対する設問が流れて3問解く

③これの繰り返し

 

で、60問が簡単に終わります。

 

問題例(1題3問)

1:What are the friends discussing?

A) A Web site

B) A company problem

C) A their future

D) A their past

 

2:what does the woman want to change?

A) Its position

B) Its size

C) Its color

D) Its shape

 

3:what will the man do?

A) Work harder

B) quit job

C) study in a cafe

D) Take a rest

 

問題用紙には上記の設問とA~Dの回答しか記載がないです。

※これが20題×それぞれ3問=60問あります。

 

このPart3とPart4で

Aさん
Aさん
英文が全然聞けないし、設問を解いてるときに次の問題が始まってパンクする。。。

こんな方はめっちゃ多いです。(僕も最初はパニックになってました。笑)

 

 

ここで必須になるのが、問題の先読みです。

 

英文が流れる前に、

1:What are the friends discussing?

 

2:what does the woman want to change?

 

3:what will the man do?

 

の問題文を先に読んでおくと

 

1:「the friends が何かdiscussingしている」

2:「the womanが何かchangeしたがっている」

3:「the manが次に何かやりそう」

 

と英文の流れを事前にツカむことができます。

※可能ならA~Dの回答も軽く目を通したいですが、先読みに慣れていない時は問題文のみでOK

 

 

この先読みができるだけで、英文の流れを理解しやすくなり要点を理解することができます。

 

なので

①英文が流れる前に問題を読む

②英文が流れてる時に問題の答えと照らし合わす(解く)

③英文が流れ終わっている時には全部の問題が解き終わっている

④問題の

1:What are the friends discussing?

A) A Web site

B) …….

のB)の部分が流れ始めた時にはすでに次の設問を先読みする

 

の繰り返しでPart3とPart4は攻略できます。

 

簡単にいうと、これができればリスニングは攻略できてTOEICの点数は一気に上がります。

 

 

先読みできる練習をする

 

Aさん
Aさん
先読みができればいいけど自分にはそんな能力が無い。。。

こういう方はめっちゃ多いので、先読みするためにも速読する能力をまずは身につけましょう。

そのためには長文を早く読む練習が効果的です。

 

「リスニングのために長文を早く読む(リーディングを勉強する)のって何か矛盾してないかな?」

と当時の僕は考えていましたが、先読み=速読できる能力は、英語で問題を解くのに一番基本的な能力です。

 

その基本的な能力が無いのにTOIECで700点以上(リーディング300点+リスニング400点)は取れるわけないので、まずは基本を身に付けることが超大事ですね。

 

Aさん
Aさん
リーディングで300点を取るためにも先読みできる能力は必須なのかな?

その通りです。

 

余談ですが、基本を身に付けるのに必須の参考書はこちら

※TOIECの実戦練習にもなる公式問題集です。


 

 

聞けない英語は音読する

 

先読みできる基本的な能力が付けば、問題集や参考書を使って実践していきましょう。

 

もちろん、先読みできても耳が慣れていなくて聞けない英語は出てきます。

 

そんな時、わからない英語を聞けるようにするには

・繰り返し聞く

・自分で発音できるように音読する

 

の方法がありますが、自分で発音できるように音読することを僕はおすすめします。

 

なぜなら、自分で発音できるようになった英文は聞き取れるようになるからです。

 

大抵の場合は、

「英語が聞き取れない=発音がわからない=正しい発音を自分でも音読することすらできない

ことにつながります。

 

(そもそも英語には、日本には存在しない発音が堂々と出てきます。)

 

リスニングで流れる英文のスクリプトを見ながら繰り返し聞くことも大事ですが、聞くだけだと発音が理解できないこともぶっちゃけ多いです。

 

そんな時は答えにつながる、大事な英文の部分を自分で発音できるようにしましょう。

 

聞き取れない部分の発音を手本通り、ネイティブ(英語圏の人)になったつもりで意識して音読することで、発音が徐々に理解できるようになります。泥臭いやり方ですが、継続していけばリスニング能力は爆上がりします。

 

 

シャドーイングが効果的なのも、音読がリスニングの克服に繋がるからですね。

実際にリスニング克服に使わせてもらった参考書も紹介します。



 

この2冊をやり込めばリスニングの力はめっちゃ身に付きます。

※参考書にはリスニングで流れる英文を全て記載してくれて、問題の英文を聞けるアプリも提供してくれます。

 

 

 

おすすめの参考書まとめ

 

基本単語

単語力に自信が無い方はこちら

これを繰り返し使えば700点を超える単語力は身に付きます。

 


 

実践と練習

 


 

リスニング向け

 



 

 

 

まとめ

 

TOIECで700点以上を目指す方法:リスニングで400点以上を目指す

 

①先読みの練習

→長文読解から身に付ける

 

②先読む習慣が身に付けば実践で練習

→わからなかった英文・英語は音読する

 

①②の繰り返しでOKです。

 

 

リーディングが苦手な人向けに

 

※後日、readingが苦手な人向けの記事を更新予定です。

 

 

最後に

最近ではTOIECの点数を昇格の条件に入れる企業も多く、実際に僕が勤めていた会社でも海外で研修を受けるのにTOIEC730点超が必須でした。

就活でもアピールできる機会にもなることから、TOIECの勉強はおすすめします。

 

以上、「TOIEC(トーイック)で300点台から700点にまで爆上げした勉強法」でした。